夏新作
春新作
麻のパーティション
森と海
20周年商品
本麻パネル
豆タペストリー
洛粋
麻の織布
 
桜特集

京都洛柿庵の桜

今年もお花見の季節がやってきます。

お花見の歴史は古く、桜を見るようになったのは平安時代にまでさかのぼります。
古来より、人々は春が来るのを心待ちにし、桜を愛でてきました。

現代では出会いと別れの季節でもあるため、桜には様々な思い出がある方も多いのではないでしょうか。
桜が咲くのは嬉しい反面、少し憂いを感じることがあるのはそのためでしょう。

空を見上げれば、一面、花の天蓋。
そんな美しい景色を、今年も見られることに感謝しながら。


■3月27日は「さくらの日」です。

さくらの日の由来は二つ。
3×9(咲く)=27 で3月27日になったという説と、
七十二候「桜始開(さくらはじめてひらく)」に由来する説です。

いずれにせよ、桜が咲くことを喜び祝う気持ちが込められています。
花が咲くのを心待ちにし、喜ぶことが出来る。
そんな豊かな心を、いつまでも持ち続けられますように。



表示切替: 並び順:
21件中1件~21件を表示
21件中1件~21件を表示

夏新作

春新作

会員登録

LINE


お客様の声

麻生地の価格改定のお知らせ 2022


ラッピングと熨斗について2


麻について


染めについて

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ