企画紹介

森をまもるため、「緑の募金」に協力いたします。

フォレストロゴ

水源を豊かにし、土砂災害を抑え、人の心を癒してくれる森

森を守るため、「緑の募金」に協力いたします

当社は 2023 年 1 月より、【フォレストサポーターズ】に参加しています。
【フォレストサポーターズ】とは、(公社)国土緑化推進機構が展開する「美しい森林づくり推進国民運動」の一環として展開されているプロジェクトのこと。
私たち日本人は古くから、暮らしや産業などのさまざまな場面で森の恩恵を受け、森とともに暮らしてきました。
しかし近年、「植えて、育てて、収穫して、上手に使って、また植える」という「森づくりの循環」が途切れているといわれます。
そのため森は元気を失い、本来の森のチカラが失われつつあるそうです。

元気な森づくりのための4つのアクション

1) 森にふれよう  2) 木をつかおう  3) 森をささえよう  4) 森と暮らそう


これらのうち、「木を使おう」の活動として、間伐材を使用したノートを社内で活用しております。
そして「森をささえよう」の活動として、「森と海の細タペ」の売上の一部を「緑の募金」へ寄付 させていただくことにいたしました。
また今後、他のアクションにも取り組み、この活動を支援してまいりたいと思います。

緑ロゴ

皆さまにご購入いただいた「森と海の細タペ」の売上の一部は、森林保護に役立てられます。


「森と海の細タペ」商品はこちら
https://shop-kyoto-rakushian.com/hpgen/HPB/entries/30.html/



sdgロゴ

SDGs と 京都洛柿庵の思い

~自然に寄り添う心と暮らしのご提案~

フォレストサポーターズを通じた、元気な森づくりの活動は、SDGs のゴール 15「陸の豊かさも守ろう」の具体的なアクションとなります。
また森は土壌保全の役目を果たしながら、降る雨に地中の養分を加え、やがて川へ海へと流します。森林が元気になることで海も豊かになり、ゴール 14「海の豊かさを守ろう」へとつながってゆきます。

今、日本では環境汚染や災害、乱獲などにより、約 3,700 種以上の生き物が絶滅の危機にさらされているといわれています。森や海や生き物たちのために起こした行動は、たとえほんの少しのことでも、豊かな自然を未来の世界へと持続させていく力になると思います。

京都洛柿庵ができることの一つとして制作した「森と海の細タペ」。
お部屋に飾って楽しんでいただきたいという気持ちと共に、日本の美しい自然を守っていくことの大切さを皆さまと共有したいという思いで取り組みました。
自然に寄り添う心と暮らしのご提案が、いつしか豊かな森や海を育む助力となればと願っております。

フォレストサポーターズ公式ページ

端午の節句

春新作

名入れ

会員登録

LINE


お客様の声

麻生地の価格改定のお知らせ 2022


ラッピングと熨斗について2


麻について


染めについて

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 休業日

ページトップへ